子宮がん、乳がん検診

子宮頸がん伊達市、洞爺湖町、壮瞥町、豊浦町に居住している方で、
1)子宮頸がん検診無料クーポン券をお持ちの方は当院で無料で検診が受けられます。
2)その他の方も、上記自治体と当院との契約によりいつでもでも検診が受けられます    
1)当院の検診は全例に経腹エコーを行い(無料です)、腹水や卵巣腫瘍の有無のチェックさらに子宮のサイズの確認や筋腫の有 無をチェックします。
2)細胞診の精度を高めるために開発された液状化検体細胞診を採用しています。
3)午後の診療時間帯では電話での予約が可能です。予約された方には来院後速やかに検査を行うようにしております。
4)結果は一週間後に判明します。
子宮頸がんは20代から30代にかけての比較的若い世代がかかりやすく、日本では毎年約15,000人が発症しています。頸がんの初期には自覚症状がほどんどありません。そのためしばしば発見が遅れることもあり、この年齢帯の女性のがんによる死亡原因では第1位になっています。また、この年齢帯は出産や育児など女性にとって、また家族にとっても最も大切な時期に重なってきます。頸がんが早期で見つかれば、最小の手術ですみ妊娠が可能ですし、入院期間も短かくて済むことになります。当院では年間50人弱の方が検診を受けていますが、これまでに5例の頸がんが見つかっています(2例はclass5(がん)ー内1例は30代前半、3例(全員30台)はclass3b-最終的にがんと診断されています)。

乳がん 当院では超音波装置による画像診断と、しこりから細胞を取る穿刺吸引細胞診を行っています。 

ご自分でしこりの有無を常に確認する習慣をつけてください。5mm程度の大きさのしこりを自分で見つけて来院した方もいます。乳房を乳首を中心に直角に交わる縦線と横線で4分割した時、しこりは特に乳房の上外側、次に上内側にできやすいのですが、稀に乳房からわきに向かう領域や乳首の下に出来る事もあります。さらにしこりを作らないタイプの乳がんがあり、このタイプの乳がんは乳首を指でつまんで血性の分泌液を認めることが、見つけるきっかけとなります。しこりを見つけたり、乳首から出血があった場合には様子を見ないですぐ受診してください。よく皆さんが失敗するのは、しこりがあっても症状が無いということで1年も2年も放置してしまうことです。2cmを超える大きさになっても症状は何も出てきません。診断が遅れてしまうと、色々不都合なことが起きてくる可能性が高まってきます。

大腸がん:現在、当院では内視鏡による検査を中止しています。二日間便を取っていただく便潜血反応による検診を行っています。

前立腺がん:腫瘍マーカーPSAによる血液検査を随時行っています。検診料は1500円です。

胃・食道がん:内視鏡検査を行っています。血液をさらさらにする薬を飲んでいる方は事前に必ずお知らせください。

卵巣がん:経腹ないしは経膣エコーを行っています。